“冬期講座”開催のお知らせ
日時:平成22年1月10日(日) 13:30-
会場:日本心霊科学会館2階
受講料:2000円
  (当日は混雑が予想されますので、できるだけ事前にお申し込みください
  [当日申込可])
統一テーマ:「霊性について」
13:30-   開会のことば 理事長大谷宗司
13:40-14:40 演題:「現代日本のスピリチュアルの整理」
       講演者:津城寛文氏(筑波大学教授) 
14:50-16:20 演題:「霊性について」
       講演者:鎌田東二氏(京都大学教授)
16:30-17:30 パネル討論
 パネラー:
 鎌田東二氏(宗教哲学、民俗学)
 津城寛文氏(宗教学)
 大谷宗司(超心理学)
 恩田 彰(仏教心理学・心理学) 
[プロフィール]
鎌田東二氏
 1951年徳島県阿南市生まれ。國學院大学文学部哲学科卒、同大学院神道学専攻博士課程修了。文学博士。現在、京都大学こころの未来研究センター教授、京都造形芸術大学客員教授。NPO法人東京自由大学理事長。宗教哲学、比較文明学、民俗学、日本思想史。神道ソングライターとしてCDを発表し、コンサートも開いている。著作『翁童論四部作』『神界のフィールドワーク 霊学と民俗学の生成』『宗教と霊性』『ウズメとサルタヒコの神話学』『神様たちと暮らす本』『霊的人間 魂のアルケオロジー』『神道用語の基礎知識』『霊の発見』等
 
津城寛文氏
 1956年鹿児島県生まれ。東京大学大学院修了。日本学術振興特別研究員、城西国際大学教授、静岡県立大学教授を歴任。2003年、筑波大学教授就任。著作『神道-日本の民俗宗教』『岩波講座 宗教 第7巻』『岩波講座 近代日本の文化史 第5巻』『日本の深層文化序説』『鎮魂行法論』『折口信夫の鎮魂論』『<公共宗教>の光と影』『(霊の探求)近代スピリチュアリズムと宗教学』等
大谷宗司
 昭和24年東京大学文学部心理学科卒、昭和26年国立教育研究所研究員、昭和27年千葉大学文理学部助手、昭和31年防衛大学校講師、昭和38~39年デューク大学超心理学研究所研究員、昭和38年日本超心理学会創立、昭和47年防衛大学校教授、現防衛大学校名誉教授、日本超心理学会会長、財団法人日本心霊科学協会理事長。
恩田 彰
1925年東京生まれ。1948年東京大学文学部心理学科卒業、東洋大学名誉教授、文学博士、臨床心理士、日本創造学会名誉会長、日本仏教心理学会会長、日本心理臨床学会名誉会員、日本超心理学会顧問、財団法人日本心霊科学協会理事。著書は『創造性開発の研究』、『禅と創造性』、『仏教の心理と創造性』等
※上記に伴い、平成22年1月10日(第2日曜)の精神衛生相談、直接心霊治療研究会、心霊現象研究会は、お休みいたします。
問合せ先:事務局(03-3362-7111)