吉田綾霊談集(20)

 もろもろの苦から解脱する妙薬は、足る事です。足るを知る人は、貧しくとも、心は極楽に遊び、足るを知らぬ人は、富むといえども、心が常に地獄に遊んでいるのです。
金は、欲しいものですが、追うと逃げます。
背後霊と直結している人は、無理をせずとも、要るだけの金は入って来ます。しからば、天下の金は皆自分のものだと思う事です。
中にはケチケチして、金を貯め、食うものも食わず、何千万円残して、栄養不良で死んだ人もいるとか。
あまりケチだと人が相手にしないものなのです。

(上巻412頁、昭和52年、Copyright © 2004 公益財団法人日本心霊科学協会

タイトルとURLをコピーしました