2月の公開月例講演会

「「幽霊」は変容する -文化としての怪異」

講師:一柳廣孝  氏 横浜国立大学教育学部教授

時 2022年2月27日(第4日曜日)午後1時30分より 
会場 日本心霊科学会館 2階
会費 会員2,000円/一般3,500円
定員 50名 事前予約制

オンライン受講、会場受講受付は、2月1日(火曜日)より開始いたします。

◎オンライン参加の方はすべて後日クラウド録画を視聴できます。
オンライン受講は、クラウド録画込みの受講料になっております。そのため、オンライン参加できない場合でもクラウド視聴のみ(後日クラウド録画を期間限定で配信)のお申し込みが可能です。

◎オンライン参加受講の方へ

オンライン参加は、クラウド録画視聴料込です。講座開催当日にオンライン受講に参加できなくてもOKです。後日配信するクラウド録画(期間限定で配信)で受講できます

◉会場参加(東京・本部会館)の方へ

希望であれば後日、受講した講座のクラウド録画をご自宅で視聴できます。当日会場参加した方に限ります。
動画視聴をご希望の方は、会場受講料(+動画視聴)を、当日会場でお支払いください。
事務局に電話でお申し込みの上、申し込みフォームで(視聴には、メールアドレスが必要)、「会員か一般」かの選択をしてお申し込みください。自動返信メールでお振込での事前支払いのご案内をお送りしていますが、お振込みはぜず、当日会場でお支払いください

【講師より】

怪異とは、常識では理解できない不思議な出来事や現象のことです。
怪異は、時代によって変化します。怪異を怪異と判断する「常識」が時代によって移り変わるため、怪異の意味もまた変わる訳です。したがって、私たちは怪異を通して、その時代の文化的な感性ともいうべきものを知ることができます。今回は「幽霊」イメージや「霊感」認識の変遷を追うことで、時代に寄り添う怪異の意味について考えてみたいと思っています。

一柳廣孝  いちやなぎ ひろたか プロフィール

1959年生まれ。愛知県出身。横浜国立大学教育学部教授。博士(文学)。専門は日本近現代文学・文化史。最近の著書に『怪異の表象空間 メディア・オカルト・サブカルチャー』(国書刊行会)、『<こっくりさん>と<千里眼>・増補版 日本近代と心霊学』(青弓社)など。