2021年10月24日の公開月例講演会

「いろは呼吸書法における魂の浄化と覚醒」

講師:山本 光輝 氏  前衛書家・いろは呼吸書法家

日時 2021年10月24日(第4日曜日)午後1時30分より
会場 日本心霊科学会館 2階
会費 会員2,000円/一般3,500円
定員 40名 事前予約制

 

受講中は換気を行います。入室の際は、マスク着用、手指の消毒をお願いしています。
新型コロナウイルスの感染状況により中止になる場合があります。

オンライン受講お申し込みは終了しました

◉クラウド視聴のみの方だけ受付します。
お申し込みフォーム↓
https://ws.formzu.net/dist/S59325429/

◉オンライン参加受講の方へ
オンライン参加は、クラウド録画視聴料込です。講座開催当日にオンライン受講に参加できなくてもOKです。後日配信するクラウド録画(期間限定で配信)で受講できます。

◉会場参加(東京・本部会館)の方へ

希望であれば後日、受講した講座のクラウド録画をご自宅で視聴できます。当日会場参加した方に限ります。
動画視聴をご希望の方は、会場受講料(+動画視聴)を、当日会場でお支払いください。
務局に電話でお申し込みの上、申し込みフォームで視聴には、メールアドレスが必要)、「会員か一般」かの選択をしてお申し込みください。自動返信メールでお振込での事前支払いのご案内をお送りしていますが、お振込みはぜず、当日会場でお支払いください。

山本光輝氏の作品「神木(歓喜) いろは」をチラシに使わせていただきました。

「神木(歓喜) いろは」は、地球上に最初に生命を与えられたのは植物と云われますが、その象徴の樹木を神の氣(木)として表現しました。木は常に天から光を受け、大地からもエネルギーを受け、そのままの姿が常に歓喜の姿と云う意味を表しています。(山本光輝 一般社団法人光輝書法会 HPより引用)

山本光輝  やまもと こうき プロフィール

1937年、東京生まれ。27歳の時に合気道開祖・植芝盛平翁に師事。合気道7段。32歳の時、前衛書道に出会う。光輝書法会を主催し、大地の浄化・活性と、人々の心身の健康、魂の浄化、覚醒を願い「いろは・ひふみ呼吸書法」の講習・講演・指導に当たっている。
著書:「いろは呼吸書法―声を出して書けば世界がかわる」(平凡社)
「神に近づくには波長を合わせればいい」保江邦夫氏との共著(風雲舎)
「神代文字は宇宙法則を具現化する」建島恵美氏との対談集出版(ヒカルランド社)
「いろはひふみ呼吸書法の神秘」建島恵美氏との対談集出版(ヒカルランド社) など

【講演の内容】

☆言葉の力、呼吸法、合気道の極意
☆合気道において己を世界そのものと一致させる無念無想の境地に達するには
☆「超意識」の世界、芸術の目指す「真・善・美」という世界との関係性について
☆作品からの波動で心身に癒しをもたらす「波動芸術」とは。など

【山本光輝氏の作品紹介】詳細は、山本光輝 一般社団法人光輝書法会 をご覧ください。

作品 「富士山」

作品「共鳴」

作品「いろは曼荼羅」