2021年6月27日の公開月例講演会

「今、生かされていると知る~意識の変容から感じる霊的成長~

 

講師:寺山 心一翁 氏

『がんが消えた~ある自然治癒の記録~』、『フィンドホーンへのいざない』の書籍でおなじみの寺山心一翁氏を迎えて講演会を開催します。

日時 2021年6月27日(第4日曜日)午後1時30分より
会場 日本心霊科学会館 2階
会費 会員2,000円/非会員3,500円
定員 40名 事前予約制

オンライン参加申し込みは終了しました。会場参加は、若干名空きあり(6/25現在)。事務局までご連絡ください。

◎オンライン参加受講は、クラウド録画視聴料込のため、
オンライン受講に参加できない場合でも視聴のみ(後日クラウド録画を期間限定で配信)のお申し込みが可能です。

◎オンライン参加の方はすべて後日クラウド録画を視聴できます。

◎会場参加(東京・本部会館)の方も、希望であれば後日、クラウド録画を視聴できます。
当日会場参加し、後日配信の動画の視聴をご希望の方は、受講料(+動画視聴)については、当日会場でお支払いください。
事務局に電話でお申し込みの上、申し込みフォームで(視聴には、メールアドレスが必要なため)、会員か非会員かの選択をしてお申し込みください。自動返信メールでお支払いのご案内をお送りしていますが、
当日参加費と一緒にクラウド録画視聴料(+500円)をお支払いいただきます。
受講中は換気を行います。入室の際は、マスク着用、手指の消毒をお願いしています。
新型コロナウイルスの感染状況により中止になる場合があります。

【講師より】意識を高めることが、なぜ大切なのでしょう。今回はそのお話をしたいと思います。
私達は時折、今、生きている、生かされている、という当たり前のことを
忘れてしまいます。霊的成長に意識を向ける時、私達の進化に大切なことは、
「今、生きている」と感じられること。とてもシンプルです。
私が死を目の前にして、今、この瞬間に生きていると気がつき、死の恐怖から離れることができたのは、意識の変容を体験したことからでした。
「今」がすべてであると深く気づいたとき、私達の意識は大きく変わり、
それは、人生が変わることを意味します。
意識が変わる先にあるのは、感謝であり、人生のすべては、愛で導かれ調和に
向かうことに気がつくと、誰の前にもある、素晴らしいその人の道を選べることに
気がつくのです。「意識の超越理論」や宮澤賢治の「雨ニモマケズ」をひもときながら、話を進めたいと思います。

寺山 心一翁 (てらやま しんいちろう)   プロフィール

 

ホリスティック経営コンサルタント。寺山心一翁オフィス代表。
1936年生れ。1960年早稲田大学第一理工学部電気工学科卒業、東芝入社。半導体素子の研究、開発、試作に従事。1980年寺山コンサルタンツオフィスを設立。

仕事に忙殺されていた1984年、右腎臓がんを患う。手術、抗がん剤、放射線治療による治療を受けるが回復せず、退院。やがて、がんに愛を送るという、深い気づきを得て、様々な自助療法などを試みる中、約3年半の年月を経てがんは治癒していった。以来、現在に至るまで国内外で、意識を高めることの大切さ、自然治癒や無条件の愛についてなど、ワークショップや講演多数。

日本ホリスティック医学協会常任理事(1978~1995)、フィンドホーン財団フェロー(1988~)、日本ウェラー・ザン・ウェル学会副理事長(2006~)、元ISSSEEM(国際サトルエネルギー・エネルギー学会)ボードメンバー。

寺山心一翁オフィホームページ

【著書】「フィンドホーンへのいざない」(サンマーク出版)「がんが消えた~ある自然治癒の記録」(日本教文社)他、CD「サトリックプラクティス~超越意識へのいざない」講演DVD等。