他人は自分が相手を嫌わぬ限り、自分を嫌いません。
他人は騙しません。それよりも自分自身に騙されぬ様に常に心掛けましょう。それが人生では最も大切です。
いかなる人も、善心と悪心とを持っております。しかし人を見る時は善を見て、悪を見ぬ様につとめましょう。それが自分の心の幸せに、また平穏にもつながるものなのです。
(上巻495頁、昭和55年、Copyright © 2004 公益財団法人日本心霊科学協会