公開月例講演会

「宮城県津波被災地における心霊現象と宗教者の対応」

講師:高橋 原先生 東北大学准教授

講演の後に質疑応答を行います。

日時:平成28年3月27日(日) 午後1時30分~4時

場所:(公財)日本心霊科学協会2階(最寄り駅 西武新宿線 下落合駅)

会費:会員1000円/非会員1500円

 

プロフィール:高橋 原(たかはし はら) 

1969年生 東京都出身。東京大学文学部卒業(宗教学)。同大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。

(財)国際宗教研究所研究員、東京大学宗教学研究室助教を経て、現在、東北大学大学院文学研究科実践宗教学寄付講座准教授として、「臨床宗教師」養成に取り組む。

著書:2005『ユングの宗教論─キリスト教神話の再生』専修大学出版局、共著2002『近代日本における知識人と宗教─姉崎正治の軌跡』東京堂出版、他。

3・11東日本大震災から早や5年目が過ぎました。しかし現在においてもいまだに被災地では、不思議な霊的現象が起こっております。

今回の講演は、宗教家を目指す若人には、是非聞いてほしい内容となっておりますので、ご参加下さいます様お願い申し上げます。

公益財団法人 日本心霊科学協会