新型コロナウイルス感染症拡大にともなう緊急支援のお願い


公益財団法人 日本心霊科学協会

新型コロナウィルス感染対策が1年以上も続いており、これほど長びくとは思いませんでした。都内の電車も混んでおり、仕事のため電車通勤されている方々のご苦労、ご心痛をお察し申し上げます。
やっとワクチン接種も軌道に乗り、今後の治療薬の開発が待たれます。しかし、コロナ慣れというのでしょうか、緊急事態宣言が発出されても当初のように人の流れは減っていません。第5波、第6波がやってくるでしょう。オリンピック・パラリンピックも開催される見通しで、まだまだ、安全安心はほど遠いと思われます。当面、コロナと共生していくしかないと思います。
この長い自粛で、日本経済に与えた損害は甚大で、企業や商店の倒産が相次ぎ、不況の波は社会の隅々まで及んで、その影響は本協会も例外ではありません。
本協会では、精神統一研修会の休止・縮小、また、勉強会や講演会等の延期・縮小により、収入が減り困窮しております。支出を抑えるべく、人件費、通信費などの費用を削減し、節約に努めております。

昨年の10月からはオンライン導入による講演会等(月例講演会5回、春期講座1回実施)を開催しましたが、いまだ厳しい状況にあり、まことに心苦しく存じますが、引き続き寄付をお願いする次第です。

今年度の4月~5月は、約100万円の寄付金が集まりました、心より御礼を申し上げます。
今後とも、皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 


1.ご寄付の使途

当協会における新型コロナウイルス感染症に対応するための体制の維持・強化を支援する。(一般寄附金として受領致します。)

2.ご寄付のお申し込み方法

 *お振込みの場合*

郵便振替口座:00150-3-37677
加入者名:公益財団法人 日本心霊科学協会

(郵便振替用紙は、心霊研究誌の8月と12月号に綴じ込んでお届けしています)

 *郵送、現金書留の場合*

〒161-0034 東京都新宿区上落合1-12-12
(公財)日本心霊科学協会協会本部あて

3.寄附金の税制優遇

当協会への寄附は税制上の優遇措置を受けることができます。

【個人様の場合】

所得控除が受けられます。

※詳細は、所轄の税務署あるいは本協会などにご確認ください。