平成18年
1月号
心霊研究120年、協会の歴史60年 大谷宗司
ITC~電子機器が開く他界への扉(1) 冨山詩曜 編・著
「覚醒・至高体験」事例集 石井登
超能力についての心霊科学的仮説 中村守
四国八十八ヶ所のいま-遍路人の笑顔-(4)小松勝記
<研究会だより:信越研究会のあゆみ>
2月号
一神教から多神教復活の時代へ 宮前頼男
弁護士の論じる死後の世界(24) 冨山詩曜 訳・編
大日経-密教の認識論-(17) 伏見三郎
傾家洩月-都をさまよう栄枯の魂- 山内雅夫
四国八十八ヶ所のいま-遍路人の笑顔-(5)小松勝記
<研究会だより:中国研究会からの報告>
3月号
ITC~電子機器が開く他界への扉(2) 冨山詩曜 編・著
精神疾患と心霊現象の識別問題 中村守
平易な心霊科学入門(1) わき たけを
中野斗山前会長夫人の旅立ち 伊藤義行
平成18年正月、各寺社参拝風景 榎本幸七
四国八十八カ所のいま -遍路人の笑顔-(6) 小松勝記
<研究会だより:東海研究会活動報告>
4月号
日本仙人考-神の存在と仙人の神秘-(1) 松井桂陰
人はなぜ迷信を信じるのか 宮前頼男
弁護士の論じる死後の世界(25) 冨山詩曜 訳・編
儀式と瞑想-その由来・発展・未来像を探る-(壱)西川隆範
平易な心霊科学入門(2) わき たけお
四国八十八カ所のいま -遍路人の笑顔-(6) 小松勝記
<研究会だより:福井研究会の歩みと将来>
5月号
心霊科学についての展望 中村守
日本仙人考-神の存在と仙人の神秘-(2) 松井桂陰
ITC~電子機器が開く他界への扉(3) 冨山 詩曜 編・著
瞑想と儀式-その由来・発展・未来像を探る 西川隆範
平易な心霊科学入門(3) わき たけを
平成18年正月、第42回祖霊祭 榎本幸七
<研究会だより:高知研究会の歩み>
6月号
ITC~電子機器が開く他界への扉(4) 富山詩曜編・著
人権守ってぼけ介護  宮前頼男
日本仙人考―神の実在と仙人の神秘―(3) 松井桂陰
瞑想と儀式―その由来・発展・未来像を探る(参) 西川隆範
平易な心霊科学入門(4)  わきたけを
“精神は脳死後も存続する”   S・ティピット/比屋根邦忠訳
霊界通信・第四巻(1)  榎本幸七
四国八十八ケ所のいま―遍路人の笑顔―(8)  小松勝記
<研究会だより:浜松研究会の活動報告
<祖霊祭報告:九州和の会>
7月号
意識と言語活動について  中村 守
護士の論じる死後の世界(連載26) 冨山詩曜訳・編
瞑想と儀式―その由来・発展・未来像を探る(肆) 西川隆範
平易な心霊科学入門(5)  わきたけを
日本仙人考―神の実在と仙人の神秘―(4)  松井桂陰
霊界通信・第四巻(2)   榎本幸七
四国八十八ケ所のいま―遍路人の笑顔―(9)  小松勝記
<研究会だより:盛岡研究会の紹介>
8月号
意識と言語活動について(2)  中村 守
日本仙人考―神の実在と仙人の神秘―(5)  松井桂陰
瞑想と儀式―その由来・発展・未来像を探る(伍)西川隆範
宅墓鬼凶―亡びゆくものへの哀傷―  山内雅夫
霊界通信・第四巻(3)  榎本幸七
四国八十八ケ所のいま―遍路人の笑顔―(10)  小松勝記
<研究会だより:ロサンゼルス会の紹介>
<祖霊祭報告:中国研究会>
9月号
私の歩んだ心霊の道と心霊治療 鈴木信子
伝統的なものと科学的なもの  宮前依男
瞑想と儀式-その由来・発展・未来像を探る  西川隆範
平易な心霊科学入門〔6〕   わき たけを
日本仙人考-神の実在と仙人の神秘(6)  松井桂陰
霊界通信・第四巻(4)     榎本幸七
四国八十八ヶ所のいま-遍路人の笑顔-(11) 小松勝記 
10月号
欧米における幽霊研究及び日本での事例 井口博貴
ITC~電子機器が開く他界への扉〔5〕 富山詩曜
平易な心霊科学入門〔7〕   わき たけを
瞑想と儀式-その由来・発展・未来像を探る  西川隆範
息子のこと-父の再来を思う 大学一美
霊界通信・第四巻(5)    榎本幸七
四国八十八ヶ所のいま-遍路人の笑顔-(12) 小松勝記
11月号
ITC~電子機器が開く他界への扉〔6〕 富山詩曜
無生物意識理論〔1〕        中村守
霊的な新しい世界を知る       宮前頼男
瞑想と儀式-その由来・発展・未来像を探る(捌)  西川隆範
日本仙人考-神の実在と仙人の神秘(7)  松井桂陰
霊界通信・第四巻(6)    榎本幸七
四国八十八ヶ所のいま-遍路人の笑顔-(13) 小松勝記
12月号
<かんながら>とスピリチュアリズム(完) 近藤千雄
無生物意識理論〔2〕        中村守
日本仙人考
-神の実在と仙人の神秘(8)  松井桂陰
平易な心霊科学入門(8) わき たけを
瞑想と儀式-その由来・発展・未来像を探る(玖)  西川隆範
鍵と靴-魂魄はいづこより来たりて-  山内雅夫
心霊写真研究会 秋季研修旅行記    榎本幸七